teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


懐かしい

 投稿者:永井昭典  投稿日:2016年10月23日(日)16時21分32秒
返信・引用
  10月29日吉田美代子さんが来訪されて、29回29会鳥羽の状況をお聴きしました。
chapter29を見ていませんでしたから早速アクセスしました。
男性は皆さんそれぞれ貫禄がでてきたというか頼もしい限りです、女性は変わっていませんね、魅力ある歳を重ねられたという感じですか
美代子さんからも来年の同窓会には出席するようお誘いいただきましたが、現在の体調が維持できればお会いしたいものと思います。
 米寿越へよくぞここまで秋深し
たまたま29会と同じ日に27期が相河信宏さんが世話人で名古屋で同窓会を開きました、私は欠席でしたが、成瀬さんから頂いた鳴海の研修所関連の写真が二部ありましたので送ってあげましたところ、大変懐かしかったと喜ばれました。

http://6251.teacup.com/chapter29/bbs

 
 

29回29会

 投稿者:なるせ  投稿日:2016年10月17日(月)07時24分57秒
返信・引用
    皆さん、お疲れ様でした。
  久々に贅沢な時間の過ごし方ができたし、楽しかったです。
  ホームページの更新はその日のうちに…がモットーですが、さすがに疲れ果てていたので、無理でした。記憶の新しいうちに更新しますね。

http://home1.catvmics.ne.jp/~naruse99/u/

 

続 傷心の身で

 投稿者:水ぼん  投稿日:2016年 9月 4日(日)19時34分46秒
返信・引用
   こらえることが苦手な性分なので、自らの立ち位置を考えると溜まるものは多く、かつ、自分の内臓やメンタルに少なからず異変が起きていることは間違いなくわかります。
 そんな中でも、まだ気分転換を図ろうと考え動きができるのは、いいのかなあ。
 お盆前ですが、6月の続き 浜松~見附(磐田)を歩いてきました。大変暑いので、この時期毎月は厳しいと思い隔月にしました。距離は約14㎞。この日も猛暑で35度くらいで露出する部分はすっかり日焼けしました。未だに皮膚がめくれています。
 せっかく浜松だから、旧東海道からはやや外れるが「浜松城」に立ち寄りました。三方が原の戦いに敗れた家康の自画像が印象的でした。
 この区間は、あまり「これっ」といった名所などがなく、こんなこともあるのかなあと思っていました。終着地の見附(磐田)では、「府八幡宮」の門が重厚で歴史を感じるもので、歩きの最後を締める場所でよかったと思いました。
お持ち帰りはありませんが、御朱印をいただいたのは、諏訪神社・五社神社(浜松市) 府八幡宮(磐田市)です。
 

傷心の身で

 投稿者:水ぼん  投稿日:2016年 6月26日(日)20時59分37秒
返信・引用
   最近は愚痴っぽくなることが多くなりました。とはいえ、管理者一人ですから誰にも相談することができず、爆発寸前のケースも少なからず発生しています。そんな時、若い頃なら感情に任せて動いていましたが、さすがに今は、足元をすくわれるようなことはできず、冷静な対応に心がけています。でも、長年培った負の意識はなかなか変わらないですね。やるべきことができなくても仕方ない、といった様子で、最後まで粘ろうという動きが皆無に等しい。だから、数字が作れない、この繰り返しです。週末まで数字ができず、各方面から叱咤の嵐メールが届き、意気消沈で胃が痛くなることが度々です。だから、気分転換しないと持たないと思い、多少辛かったが歩いてきました。
今回は、舞阪(弁天島)から浜松までの約12km。梅雨の合間の晴天で、気温はぐんぐん上がり、30度を超えました。折しもJRさわやかウォーキングが開催されており、地元の方からはその一行と間違えられたり、一瞬、道を間違えたりと、今までと違いやや不安定なものでした。
それでも、舞阪市街地を歩くと「しらす直売」の店が複数あり、この先のことを考えなければ買って帰りたい気分でした。でも折角だから、うなぎには届かなかったが、浜松餃子を食べて満足して岐路に着きました。次回以降は宿泊も視野に入れ続けていきます。
今回のお持ち帰りは、定番のうなぎパイです
 

第29会 29会のご案内

 投稿者:亀山  投稿日:2016年 6月25日(土)15時14分2秒
返信・引用
   連日梅雨らしい鬱陶しい日々が続いてますが、皆様体調はいかがですか。参議院選挙がスタートし選挙繁忙の方はお疲れ様です。
 さて、今秋の第29回29会のご案内を、本日皆様のご自宅宛に発送いたしましたのでご確認ください。出欠確認などの詳細は後日改めて通知いたしますのでよろしく願いいたします。
 5月25日号のトピックスで報告がありましたように、10月15日(土)、16日(日)の両日、三重県鳥羽市の「鳥羽グランドホテル」を予約いたしました。伊勢志摩サミットの会場となった志摩観光ホテルも考えたのですが、予約で一杯でした。ちなみにオバマ大統領が宿泊した部屋は1泊50万円だそうです。当日は、カフェでお茶ぐらいは大丈夫かなと思いますが、近鉄鳥羽駅から車で1時間近くかかる志摩半島の先端ですので、時間に余裕のある片はお立ち寄りください。
 鳥羽グランドホテルは目の前が鳥羽湾で、部屋から釣り糸を垂らせるぐらいの好立地のホテルです。宴会の料理にも伊勢海老のお造りをご用意していただきました。もちろん飲み放題です。宴会後はカラオケルームも予約しておきましたので、是非お楽しみください。皆様のご参加をお待ちしております。
  第29回29会幹事 亀山智康
 

今日のお昼のメニューは何かなぁ?

 投稿者:亀山  投稿日:2016年 5月 7日(土)13時27分34秒
返信・引用
   半年ぶりに投稿します。水ちゃんの歩きっぷりを羨ましく思いながら、毎回楽しく読んでいます。東海道の関から京都は私も何度となく「車」で走っているので親近感を抱きつつ、情景を思い浮かべて楽しませて頂きました。それにしても、1日20キロ前後も歩くのですから大したもんだと感心しています。私なんか、7年前に右膝のお皿を2回割ってからというもの、筋肉や皮膚の癒着もあって、5分ほど歩いたら膝や腰に痛みが発生しますし、足の裏は豆や水ぶくれだらけになります。お年寄りと接する職場に勤めるようになってよけい感じるのですが、足腰がいかに大切かを思い知らされます。私の職場でも、足腰が弱り骨も弱り、ちょっとのことでつまずいて転倒して寝たきりになっていくお年寄りを多く抱えています。だからこそ、元気に歩けるうちに足腰を鍛えておくことが大切だと思うのですが…。
 ところで、最近テレビで流れているスマホゲームのCMに共感を受けています。「仕事に来ているのか飯食いに来ているのかわからないやつにはなりたくないと思っていたが、暇なので飯でも食いに行こう~。」というやつです。最近の私は全くそんな感じです。
 皆さんは頑張ってください。
 

予定どおりに

 投稿者:水ぼん  投稿日:2016年 5月 4日(水)21時10分20秒
返信・引用
   郵便局に異動となり、何となく歯車がかみ合いだしてきましたが、推進管理や育成視点で社員の意識をほぼ180度近く変えるのは難しい、と毎日悩んでいます。
 そんな最中の気分転換。それでも、GWは稼ぎ時で社員が出勤するため、その半分くらいは出勤となりました。だからの気分転換。予定どおり、二川から舞阪まで約18km歩いてきました。今回は、山から一転、海近くを歩くためその景色を見るのも楽しみでした。
 とはいえ、国道1号を歩く時間が比較的長く、部分的には単調でしたが、「コオロギ直売」という面白い看板もあり、歩き旅の楽しさも味わってきました。一番良かったのは、汐見坂から見た遠州灘の景色でした。人はやっぱり「海」好きなんですね。
 今回はお持ち帰りなし。次回は浜松までなので、そこまでとっておきます。
 

京都に着きました

 投稿者:水ぼん  投稿日:2016年 4月17日(日)19時44分23秒
返信・引用
  私的には転勤となり、8年ぶりのフロントライン。右往左往するだけで、何もできていないのでは、と悩んでおります。
さて、年明けに草津までたどり着き、もう1か月ほど前の話となりますが、ようやく西の終着地、京都(三条大橋)に着きました。
今回は、約24km。途中には琵琶湖の瀬田唐橋など、歩いて渡ってみたかったところなど、往時には京への入り口的な何か「都」を感じさせる雰囲気がありました。
京都市内に入ったのは思ったより早い時間でしたが、そこからも比較的距離があり、三条大橋に着いた時には夕刻近くでした。
翌日は、折角だから京都観光。北へ南へ。紫野の今宮神社から南は伏見の酒蔵まで。ほぼ過去に
行ったことのない場所への観光となりました。
さあ、4月以降は二川から東へ。静岡は長いなあと思いながら、まずは浜名湖目指します。
今回のお持ち帰りは、ちりめん山椒、葉唐辛子、阿闍梨餅、地酒「蒼空」。
御朱印は、建部大社(大津市)清明神社(京都市)今宮神社(京都市)本能寺(京都市)
醍醐寺(京都市)
 

歩き初め

 投稿者:水ぼん  投稿日:2016年 1月31日(日)18時05分29秒
返信・引用
  年が改まってもう1か月が経ちました。いつもの時期が来た、と思い悩ます毎日が続いています。
とはいえ、今月もすでに歩きました。正月風景が残る1月9日~10日、昨年から一休みしていた近江水口から近江草津まで、約22kmを楽しみました。それ以前とは違い、比較的平坦な道でしたが、琵琶湖に関係があるのか、酒蔵が比較的多く、「歩きでなければ」と惜しい気持ちになりました。
草津で驚いたのは、廃川されていたことでした。「草津川」という川が市街地を流れていたが、平成14年に廃川。国道1号など道路整備を行っていました。おかげで「旧東海道」ルートが
分断されてしまい、一時「迷子」になりそうでした。
また、草津は中山道との分岐点があるところ。何年か先に「中山道歩き」を始める(予定)の参考になりました。
さあ、京都まであと約24km、春に向かって目途が立ちました。
今回の道中でのお持ち帰りは、草津の「うばがもち」と室町の武将太田道灌由縁の太田酒造の酒「道灌」です。御朱印は、坂上田村麻呂所縁の立木神社でいただきました。
 

東海道歩き、最後まで楽しんで!

 投稿者:亀山  投稿日:2015年11月10日(火)14時35分36秒
返信・引用
   第28回29会参加者の皆さん、お疲れ様でした。来年は5月26日、27日開催の伊勢志摩サミットにちなんで、来秋の第29回29会は伊勢志摩地方で開催することになりましたので、ご期待ください。
 さて、私も邊秀さんとは何年振りだったでしょうか。おそらく20数年振りだと思います。お互い歳をとったんですが、邊秀さんは中等部時代と全然風貌が変わってないなあといういう印象で、当時はよほど老け顔だったんだなあと感じました。
 水ちゃんの東海道中記、毎回楽しく読ませてもらってます。とはいうものの今回の鈴鹿峠越えは東海道の中でもとっても険しいポイントでしたので大変だったと思います。特に三重県の関宿から滋賀県境までは、車でR1号線を走る分には渋滞もなく大型トラックと競争ができるような道路事情ですが、歩いてだとほとんど何もないところなので、ただただ前に進むのみという状況だったんではないかと思います。滋賀県の土山宿までは長く感じたのでは。ちなみに、土山の田村神社は、毎年2月に厄年詣りで賑わう神社で、我々の地域も挙ってお詣りします。ちなみに私の40才(数えで42才の初老)の2月は、名古屋集中局勤務で名古屋在住でしたので地区の方たちとの厄年詣りは参加できませんでした。毎年その時期には参道にたくさんの露店が並び各地からの参拝客で賑わいます。おそらく、水ちゃんが訪れた時には閑散としていて、その光景は想像もつかないと思います。
 それにしてもとうとう水口まで来たんですね。水口は奥ちゃんのお袋さんの実家があるところでしたよね。(奥ちゃん、プライベートなことをごめんなさい)
 京都まではもう少し。ぜひ様々な景色を楽しみながら頑張ってください。次号を楽しみにしています。
 

レンタル掲示板
/15