teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


御正忌報恩講

 投稿者:若々院  投稿日:2010年 1月11日(月)22時10分21秒
返信・引用
  1月9日から16日まで西本願寺(京都)で御正忌報恩講がお勤めされます。
今年も遠近を問わず、多くの方がお参りされていました。

本願寺では多くの方に親鸞聖人の御教えのすばらしさを取り次ぐ試みがなされています。特に全国から多くの方がお参り下さるこの時期には様々な取り組みが行われています。ここでは、その取り組みの中から3つ紹介させていただきたいと思います。

1つ目は、通夜布教です。親鸞聖人は1月16日の朝方お亡くなりになったとされています。現代でも親鸞聖人の御遺徳を偲び1月15日の夜(19:10)から16日の朝(05:30)まで夜を通してお説教が行われます。全国から集まったご同行と共に聴聞させていただけます。
2つ目は、絵解きです。ただし、パソコンを使って大きな画面で行う絵解きです。御教えに明るい研究員が親鸞聖人絵伝の絵解きをして下さいます。絵伝に込められた思いを親鸞聖人が生きた時代の様子や登場人物の特徴を分かりやすく解説して下さいます。
3つ目は、目で見る本願寺です。本願寺の境内は世界文化遺産登録されており、境内そのものに大変価値があります。そして、報恩講の季節には普段は見ることのできない大変貴重な内陣のお飾りや大きな仏旗などが見られます。

この3つ以外にも写真展や音学法要など様々な取り組みがなされています。当寺におきましても、このような取り組みを参考に努めていきたいと思いました。また、本願寺で行われている法要や説教の様子は本願寺のサイトでLIVE中継で見ることができます。
http://www.hongwanji.or.jp/

写真は夜の本願寺阿弥陀堂門の様子です。

合掌
 
 

金沢での「本願寺展」

 投稿者:若々院  投稿日:2009年10月24日(土)23時03分29秒
返信・引用
   11月3日(火・祝)まで石川県立歴史博物館で親鸞聖人750回大遠忌記念「本願寺展」が行われています。
 今日、行ってきました。親鸞聖人がお書かきになられた『阿弥陀経註』や『恵信尼消息』(親鸞聖人の奥さんの書かれたお手紙)などが展示されていました。また、白書院の欄間や松桜孔雀図などを近くでじっくりと見ることができ貴重な体験になりました。
 展示会場では音声での展示物解説(有料)のサービスがあります。私は利用するとより興味深く見ることができましたよ。おすすめです。
 

大谷本廟 親鸞聖人七百五十回大遠忌法要

 投稿者:若々院  投稿日:2009年10月13日(火)23時02分3秒
返信・引用
   12日(月)に京都の大谷本廟にお参りしてきました。

 いま、大谷本廟で親鸞聖人七百五十回大遠忌法要が修行されてています。12日は、気持ちの良い秋晴れのもと、稚児行列や仏教讃歌演奏、雅楽などと共に華やかにお勤めされていました。明日14日(水)には梯實圓和尚の記念講演があります。京都へ行かれる方は是非この機会に大谷本廟にお参り下さい。
 また、大谷本廟へは本願寺に隣接する聞法会館より直通のバスが出ていますのでご利用されると便利です。
 

中村久子さん

 投稿者:若々院  投稿日:2009年 2月26日(木)00時40分42秒
返信・引用
   先日、龍谷大学で「母・中村久子を語るーあるあるある」という講演会があり、中村富子さん(中村久子の次女)が生前の久子さんの生き様を語って下さいました。
 中村久子さんは岐阜県高山で誕生、2歳で凍傷を患い、3歳で突発性脱疽(だっそ)になり、右手首と左足の膝下から右足のかかとから切断します。その後も手術を繰り返し、両手両足を切断し生きることになります。その人生は壮絶なものであったようです。久子さんはその壮絶な人生を法と共に生きられた方でした。
 講演会で印象に残っているのは、富子さんが久子さんから言われた「心の闇が生まれるまで『嘆異抄』を読んではならない」という言葉です。富子さんは母のいいつけを守り親しい友人が亡くなったときに『嘆異抄』を読んだのだそうです。そうすることで自分の『嘆異抄』として読むことができたそうです。
 もともと味わいの異なりやすい『嘆異抄』であるので、このように知識としてではなく自分の救いとしてご文をいただくという感覚は大切だなぁと思いました。

合掌
 

京都からようこそ

 投稿者:若院  投稿日:2009年 2月20日(金)03時33分45秒
返信・引用
  おはようございます。
書き込みありがとうございます。
蓮如上人と一休さんに交流があったとは…。
勉強になりました。

また、楽しいところへ行かれた際には、書き込みお願いします。
富山は、ここ数日雪ですよ。
 

蓮如上人御旧跡を巡る

 投稿者:若々院  投稿日:2009年 2月18日(水)20時32分15秒
返信・引用
  どうも。

今日は学校の研修で滋賀県にある蓮如上人ゆかりの以下のお寺にお参りにいきました。

夕陽山 本福寺(大津市本堅田一丁目22-30)
真宗木辺派本山 金織寺(野洲市木部826)
仏寿山 聞光寺(守山市矢島町荒見75番地)
善立寺(金森道場)

なかでも、聞光寺の坊守さんがとにかく親切にして下さいました。このお寺は蓮如上人のゆかりの地なのですが、同時に一休禅師のゆかりの地でもあります。一休禅師(一休さん)は一昔前アニメにもなった「とんち」が得意な禅宗のお坊さんです。蓮如上人と一休さんは20歳近く歳が離れていましたが、仏法を志す者として交流があったようです。
 そのお寺で蓮如上人が身につけていたお袈裟とお衣を手で触ることができました。こんなことはめったにないそうです。両方ともとても薄い生地でできていました。お寺の宝はその他にも蓮如上人がおつくりになった名号を入れて運ぶ竹筒やお書きになった詩、庭などがあり、物がない時代とはいえ、「蓮如上人もものをつくっておられたのだなぁ」と親近感を感じました。
 

京都からようこそ

 投稿者:若院  投稿日:2009年 1月23日(金)21時26分55秒
返信・引用
  若々院へ
京都からの書き込み感謝します。
また、そちらの様子をお知らせください。
こちらは一度積もった雪も解けほっとしております。

まあ、また今夜から降るようですが…
 

御正忌報恩講2

 投稿者:若々院  投稿日:2009年 1月 9日(金)22時32分9秒
返信・引用
  また、法要の様子は本願寺のホームページでご覧になれます

http://www.hongwanji.or.jp/
 

御正忌報恩講

 投稿者:若々院  投稿日:2009年 1月 9日(金)22時22分56秒
返信・引用
  本日より16日まで
京都にあります西本願寺にて1週間お勤めされます。

この報恩講は親鸞聖人のご遺徳を讃え感謝していく
浄土真宗本願寺派における重要な法要です。

御正忌報恩講にあわせさまざまな催しがありますので
京都へお越しの際は是非お参り下さい。

合掌
 

お盆

 投稿者:若院  投稿日:2008年 8月16日(土)05時21分35秒
返信・引用
   今年のお盆は、突然大雨が降ったり、そうかと思えば急に太陽がさんさんと降り注いだりと、不安定な天候となりました。
 悪天候にもかかわらず、たくさんの方々のお参りに感謝いたします。
 

レンタル掲示板
/2